メール派の若者=性体験早く、複数人経験も…パソコン派の若者はそうでもない

スポンサードリンク

携帯メール多用する若者ほど性体験が早い! (性行動調査)

携帯メールの利用頻度が高い若者ほど性体験が早い傾向があることが、日本性教育協会の「青少年の性行動調査」で分かった。
また青少年の性体験率は、男子がほぼ横ばいなのに対し女子は上昇し、中・高校生はいずれも女子が男子を上回った。

調査は昨年11月〜今年3月、12都道府県の中学、高校、大学(専門学校)の5510人を対象に行った。
それによると、性体験率は▽大学生男子63.0%、女子62.2%▽高校生男子26.6%、女子30.3%▽中学生男子3.6%、女子4.2%――だった。

また、携帯電話の所有率は前回99年調査時から急増。高1男子は半数から9割以上になり、ほとんど持っていなかった中1男子は3割、女子は5割になった。
同協会は、携帯メールを1日20通以上する「メール派」と、休日にパソコンでネットを2時間以上見る「パソコン派」の2群に分けて、性体験率を分析した。

その結果、性体験率は高校生の「メール派」58%に対し「パソコン派」は15%
▽大学生は「メール派」86%と「パソコン派」61%。このうち「3人以上の異性とセックスした人」は
▽高校生が「メール派」21%、「パソコン派」5%▽大学生は「メール派」47%、「パソコン派」25%だった。

また、高校生の携帯所有者について、携帯メールの利用状況とキス経験率の相関関係も分析。
「ほとんどメールをしない人」のキス経験率が2割なのに対し、
「1日に1〜9通」は4割 ▽「10〜19通」は6割▽「20通以上」は8割だった。

分析を担当した山口大人文学部の高橋征仁助教授は「メールはコミュニケーションの強化、
拡大につながりやすいため、性行動も活発になっているのだろう。
逆にパソコンのネット閲覧は、行動に結びつかないことが多いようだ」と話す。
ただ「性交に愛情が必要」と答える割合は、高校生男子が26%→39%、同女子55%→64%と増えた。
「愛情がないセックス」に対する許容度は同13%と4%で、純愛志向も進んでいるようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061121-00000083-mai-soci

▼出会いを攻略する情報が満載▼

有名ブログランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。